ごあいさつ

三原商工会議所 会頭 勝村善博

 皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  平素より、三原商工会議所の事業活動につきまして、格別のご理解ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
  さて、三原市では、本年三原城の築城450年という節目の年を迎え、市民挙げてのさまざまなイベントが開催されています。三原市民の皆様におかれましては、築城450年を記念しての多岐に亘る事業に参画される中で、あらためて三原の歴史や魅力を肌で感じた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
  三原市は、絶景と称される瀬戸内海の多島美と交通の利便性を有しながら、戦国の智将と呼ばれた豊臣五大老のひとりである小早川隆景公が築いた三原城跡周辺には、現在も歴史を感じられる寺院や名所が数多く残っており、隆景公の偉業を今に伝えています。
  この度は、会員の皆様への日頃の感謝を込め、築城450年の記念すべき年の三原商工会議所会員大会として、小早川隆景公の偉業を再認識いただける講演会を一般公開にて開催いたします。
  是非この機会に、会員の皆様、市民の皆様の相互の交流・親睦を深めるきっかけとしていただきたく、多数のご参加を期待申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

ページのトップへ戻る

開催概要

 ●日時
平成29年 11月 7日(火) 開場:15:30 開会:16:00 (講演90分)
 ●場所
 ●講師
磯田道史 氏
 ●演題
小早川隆景公が三原の経済に与えた影響
 ●受講料
無料
 ●定員
400名(ご入場には入場整理券が必要です
※入場整理券をお持ちでない方は、当日会場へのご入場はできませんのでご了承ください。
 ●主催
三原商工会議所 (総務委員会)

ページのトップへ戻る

講師紹介

磯田 道史(いそだ みちふみ) 氏 歴史学者・国際日本文化研究センター准教授

1970年岡山市生まれ。
慶應義塾大学大学院卒。博士(史学)。茨城大学助教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、現在、国際日本文化研究センター准教授。

著書に『武士の家計簿』(新潮新書、新潮ドキュメント賞受賞、2010年映画化)、『近世大名家臣団の社会構造』(文春学藝ライブラリー)、『殿様の通信簿』(新潮文庫)、『江戸の備忘録』(文春文庫)、『龍馬史』(文春文庫)、『日本人の叡智』(新潮新書)、『歴史の愉しみ方』(中公新書)、『歴史の読み解き方』(朝日新書)、『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)など多数。『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」が2016年「殿、利息でござる!」として映画化された。

ページのトップへ戻る

お申込み 

 >>> 申込受付は終了しました <<<
■受付期間:10月2日(月)〜10月24日(火)必着

  • 申込フォームにご記入の上、お申込みください。1事業所2名様までとし、申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。(申込み締切 / 平成29年10月24日(火)
  • 申込み多数の場合は抽選とします。ただし、原則として会員を優先させていただきます。当選の発表は、「入場整理券」の発送をもって発表にかえさせていただきます。
  • 「入場整理券」は、講演会の当日ご持参の上、受付でお渡しの上ご入場ください。
  • ご記入いただいた情報は、法令に基づく場合などを除き、承諾なしに第三者へ開示・提供することはありません。ただし、三原商工会議所の事業活動、サービス提供とこれに付随する業務を行う目的の範囲内(出席者名簿の作成、入場整理券の送付・講師への名簿提供)で利用させていただきます。
事業所名  
分類 会員   一般
メール
メール(確認用)
郵便番号
所在地
TEL
FAX  
参加者名
※1事業所お申込みで2名まで
コメント  




ページのトップへ戻る